2020年06月30日

Sketchのブログに6月15日の「ぼっけさんとともに・・・」記事が

Sketchのライター、カジヤマシオリさんの文章は、素直で丁寧ながら、不思議なモフモフ感があります。

それが証拠にSketchのブログトップページを見たら、三八屋の記事の隣に羊のハウスカパイッカの記事が並んでました(関係ないか)。


事業体としても興味深い、株式会社大中環境さんのコミュニティページです。
http://sketch-hiroba.com/blog
tスクリーンショット 2020-06-30 17.44.56_w32.jpg


以下のほかにも、ラブたなやcom-cafe三八屋、杜の宮市などの記事また、へぇーっていう地元ネタも丁寧に使えています。


今回はまた、3月1日から閉鎖していて6月2日に再開した三八屋のようすを記事に。


焼きたてピッツアとビールとともに…営業再開した「com-cafe三八屋」へ<前編>
http://sketch-hiroba.com/sketchperson/6349
tスクリーンショット 2020-06-29 17.52.34_w32.jpg



焼きたてピッツアとビールとともに…営業再開した「com-cafe三八屋」へ<後編>
http://sketch-hiroba.com/ivents/6361
tスクリーンショット 2020-06-29 17.52.53_w32.jpg


posted by 星野博 at 18:03| information.....情報

〇〇〇と、ともに・・・vol.1「ぼっけさんとともに・・・」6月15日開催しました

com-cafe三八屋は今、屋内・屋外合計38uの空間に16人の定員で、「地オリジナル」なクラフトドリンクやフードを提供し、コロナとともにあるソーシャルな実験として、そっと、少しずつ、ゆるやかなコミュニティを創造提供しはじめています。

そのニュースタンダードな三八屋でやっていく星野ひ企画の一つが「○○○とともに・・・」です。

第1回はボッケーノ若尾さんをお迎えした「ぼっけさんとともに」
2020年6月15日(月)17時30分から21時。

ピッツァはもちろん、窯焼きの野菜もきれいに火が入って旨い。
飲み物は一宮ブルワリーのクラフトビールなど、com-cafe三八屋の「地オリジナル」なドリンク類に、河出里恵さんセレクトのワイン泡白赤。

ボッケ号のすぐ横、テントを張った「三八ベース」で過ごす初夏の夕はなかなか気持ち良い「NO!密」な空間でした。

2020-06-15 19.15.41_w32.jpg


2020-06-15 18.50.30_w32.jpg


2020-06-15 21.19.26_w32.jpg


posted by 星野博 at 17:32| イベント・ライブ