2012年06月22日

「日曜午後 国境なき茶話会いかが」2012年06月21日朝日新聞 一宮市国際交流協会、月3回開催@com-cafe三八屋

120621anp尾張知多29国際交流カフェウエルカムサロンcom-cafe三八屋_R.jpg

日曜午後 国境なき茶話会いかが
2012年06月21日

【一宮市国際交流協会、月3回開催】
●日本語・英語…とりとめなく
 「国際交流ウエルカムサロン」と題した茶話会が、一宮市本町4丁目にある「コム・カフェ 三八屋(さんぱちや)」で月3回、日曜の昼下がりに開かれている。市内に住む外国人と日本人が気軽に話ができる場所にしようと、市国際交流協会が取り組んでいる。
 三八屋はNPO法人「志民連いちのみや」が運営する喫茶レストラン兼情報発信拠点。茶話会は昨年末まで旧尾西市域にある市の施設で月1回だけ開かれていたが、利便性が高い市中心部にある三八屋で、今年1月から毎月第1、第2、第3日曜に開かれるようになった。
 休業日の店を借りた茶話会は午後1時半ごろから夕方まで。入場無料で出入り自由。市国際交流員をしているイタリアのスカラベッロ・グイドさん、同じくニュージーランドのライダー・ジャクリーンさんらが週替わりで世話役をする。
 17日の茶話会に集まったのは十数人。ペットボトル入りのお茶やわらび餅などをめいめいが持ち寄り、日本語や英語で、何の話というわけでもないあれこれの話が、店のあちこちで交わされた。お開き間際、一宮で3年間暮らしてベトナムに帰国することになった女性が顔を見せ、参加者が輪になって拍手で送った。
 この日の世話役はフィリピン生まれの木村エリンダさん。8年前、IPC(一宮フィリピン会)を作り、若い同胞女性のお母さん役を自認する。そのエリンダさんが話す。
 「いまはインターネット電話やフェイスブックがあるので、昔のようにホームシックになる子はほとんどいません。自分たちのコミュニティーを大切にするだけでなく、フィリピンの文化を一宮市民に知ってもらうイベントを開いていきたい」
 茶話会の問い合わせは市国際交流協会事務局(0586・84・0014)。(佐藤雄二)


120621anp尾張知多29使用画像_国際交流カフェウエルカムサロンcom-cafe三八屋k_img_render.jpg
茶話会では肩の凝らない会話が弾む=一宮市本町4丁目の「三八屋」

2012年06月21日

プレミアム濃香アイス

ice_h-003.jpgice_m-003.jpg
三八屋の大切なお客さま、尾張一宮 お茶の福壽園の大塚さまが、
「お茶が主役のお茶屋にしか作れない香り」を追究して作り出しました
「プレミアム濃香アイス」(挽きたて抹茶・ほうじ茶)。
ひそかに一宮名物になってきています。

お子ちゃまだましのアイスじゃないです。
そんじょそこらの抹茶味とかほうじ茶味とかじゃないです。
まさに、「まんま」です。大人のアイスです。

そんな貴重な濃香アイスを、
大塚さまのご好意により、
三八屋でも食べていただけることになりました。

オーダーメイドで作って頂く薫り高く口解けの良い本物のアイス
どうぞお楽しみくださいませ。


270884_396004990454104_1129040776_n.jpg
追伸:
抹茶?ほうじ茶?
どちらかを選ぶなんて、食いしん坊の私には決められません(笑)
きっと皆さまもそうでありましょうと、三八屋では二種類をセットにしてお出します。
欲張りな味をどうぞ堪能してくださいませ。
posted by 志民連いちのみや at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | news........お知らせ

2012年06月19日

ワインの日

明日はワインの日。
お天気悪そうですね・・・。
そんなそんな悪天候の中、来てくださる方がいましたら・・・
三八からの感謝を込めてお得にワインをお出ししちゃいます。
白ワイン&赤ワイン軽口&赤ワイン中口&赤ワイン重口の4タイプをグラスで少しづつ
飲んでいたたけるセット(ナンと1,000円)をご用意いたしますよ〜!!

えっ??台風一過でお天気良かったら??
それでも、もちろん、飲んでくださいませ。
お好みのワインを見つけてくださいね。
お待ちしております。
posted by 志民連いちのみや at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | news........お知らせ

貸切とお休み

今週末の金曜はキャンパスコンによる貸切営業のため、
夜の一般営業はお休みさせていただきます。
また土曜は三八スタッフのえびちゃん&なおちゃんの結婚式です。
スタッフ総出で二次会参加のため、一日お休みをいただきます。
そして日曜は定休日です。
3日間、お休みをいただきますが・・・どうぞ皆さま、三八を忘れないでくださいね〜。
ご迷惑おけけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by 志民連いちのみや at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | news........お知らせ

2012年06月12日

3坪の「一宮ブルワリー」より小さいビール工場ってあるのかな。

「日本一番小さい」ビール工場とかがいくつか出ている。

「法律上の地ビール免許で」一番小さいとか、「法律上のビール製造免許で」一番小さいっていうのはあるでしょうけれど。

一宮ブルワリーの地ビールは、法律上は「発泡酒」で、この発泡酒免許でない、「地ビール」免許では製造量が10倍になる。必然、設備も大きくなる。

写真とか見ても、みんな一宮ブルワリーより大きいんじゃないかなあ。

一宮ブルワリーは醸造所が6畳(3坪)ほど。倉庫スペースを入れても4坪にならならい。

どこかもっと小さい醸造所ご存じでしたら教えてください。無論、免許を取った合法的な醸造所です。
posted by 星野博 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | いちのみやブルワリー

2012年06月11日

末武裕子さんの魅力的な声の作り方教室@com-cafe三八屋

末武さんの教室は、いいですねえ。

120610人の森末武裕子魅力的な声の作り方教室三八屋_R.jpg

末武裕子さんの魅力的な声の作り方教室@com−cafe三八屋
毎月第3火曜日(随時参加可能)
1階1500円(ドリンク付き、マイカップ持参)
com−cafe三八屋にて

企画運営:人の森文化教室
posted by 星野博 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | news........お知らせ

2012年06月04日

カフェ国際交流サロンに com-cafe三八屋にて(読売新聞)

120523ynpnetcom-cafe三八屋国際交流カフェ.jpg


カフェ国際交流サロンに 一宮
定休日利用 会話や食事楽しむ

多くの外国人らが集う「ウエルカムサロン」
 一宮市国際交流協会は、日曜定休のカフェを借りて「国際交流ウエルカムサロン」を開いている。サロンは無料で、飲み物や食べ物を持ち込み、外国人らがおしゃべりをしたり、ボランティアのスタッフに相談したりする姿が目立つという。協会では「日本に知人の少ない人も、交流や情報交換の場として気軽に使ってほしい」と呼びかけている。

 協会は昨年まで、同市尾西生涯学習センターで毎月1回、同サロンを開いてきた。しかし、マイカーのない人には不便だったこともあり、JRや名鉄の一宮駅に近い同市本町でNPOが運営するカフェ「三八屋」を第1、第2、第3日曜に借りることとした。

 今月20日には、フィリピン人のノーラ・ビレガスさん(38)が、鶏肉と米、タマネギを塩やショウガで味付けした郷土料理を持参し、日本語の勉強のため訪れたベトナム人や中国人ら約10人と料理を味わいながら談笑していた。

 同市内に住む外国人は約5000人という。外国で親切にしてもらったのがきっかけとなり、国際交流のボランティア活動をしている佐野直道さん(59)は「一宮を第二の故郷に思ってもらえるようにしたい」と話している。

 サロンは午後1時半から4時まで。問い合わせは同協会事務局(0586・84・0014)へ。


(2012年5月23日 読売新聞)